「受け入れ側の看護師のやる気を引き出す関わり方をすること。」とは

中途採用看護師は、部署の業務が忙しい中、
一生懸命指導しても、あっさり退職してしまうことも多いです。

 

それが繰り返されると、
受け入れ側の看護師たちのモチベーションを保つことが
難しくなってしまいますね。

 

多くの場合、受け入れ側にそのようなつもりがなくても、
「教育には多少の厳しさが必要」とか、
「経験があるのだからすぐに動けるようになってもらわなくては現場は困る」
という受け入れ側の事情を優先させてしまっています。

 

そのようなことから、中途採用看護師に、
多大なプレッシャーを与えてしまっていることが多いのです。

 

ですから、中途採用看護師の離職が繰り返されるような場合は、
受け入れ側の看護師たちのモチベーションに注目すると同時に、
その手前の中途採用看護師の離職を生む原因につながるような
関わり方が潜んでいないかと言う点を、
再検討することも必要になってきます。

 

というのも、中途採用看護師の指導と言う役割を
十分に果たすことができているか、
うまくいっているかということに
受け入れ側の看護師のモチベーションや
達成感を左右する最も大きな要因があるからです。

 

看護管理者や教育担当者は、
中途採用看護師指導においては
さまざまなアプローチがあることを繰り返し説明し、
特に「何かを教えなければならないという先入観」を
取り除くことが大切な役割になります。

 

たとえば、同じ内容であっても、
表現や態度によって、与える印象は大きく違っています。

 

たとえば、「私には自分が部署でやっている手順とは
まったく違っているように見えたのですが、
どうしてそういうやり方をしたのか教えてくれませんか?」、
「今のような状況だと、手順どおりに進めるのはなかなか難しいと思います。
実際にやってみてどうでしたか。
少しうまくいかなかったところもあったように見えたのですが。」
というような声のかけ方を具体的に提示してみましょう。

 

次に、正しい行動ができるようになることを大切にし、
そのように行動してもらえるように導き出せば、
やり方はいろいろあって良いのです。

 

どうして間違えたのかがお互いに気づき、
それを変えていくことが大切ですが、
相手を尊重する声のかけ方が必要です。

 

また自由な指導のやり方を確保されることによって、
のびのびと指導者の役割を楽しむことができる看護師もでてきます。

 

看護管理者は、そのような行動を見つけて、
「なるほど、そういうやり方もいいね。」、
「よく工夫できたね。」、
「相手のことを本当によく見ているね。」
と、すかさず、ポジティブフィードバックで強化していくことが大切です。

 

指導を担当する看護師が、「これでいいんだ、うまくいった。」と、
自分で感じられる結果を得られるように導くことができることが、
最も望ましい方法です。

 

ですが、場合によってはそうでないこともあります。

 

しかし、承認は、受け入れ側の看護師のモチベーションを引き出す、
最も大きなエネルギーとなります。

 

必ずしも期待される効果が見られなくても、
このように場面ごとの関わり方や、
取り組みの姿勢を承認することはできますね。