中途採用看護師の豊かな個性を引き出す

中途採用看護師が入職し、
初期の職場適応を何とかクリアしたら、
今後は、看護管理者の総合的な指導が本質的に問われるようになります。

 

中途採用看護師の個性とは、
一人ひとりの意欲やこだわり、家庭の事情などのすべてです。

 

そのような豊かで強い個性をプラスの要素として活かすことが、
看護管理者の重要な役割となりますが、
このような個性は、扱いにくいマイナスの条件として
制御しようと奔走してしまいがちです。

 

しかし、プラスの要素として活かすのか、
マイナスの条件として制御するのかによって、
看護の臨床現場の雰囲気や部署全体のモチベーションは大きく異なります。

 

強い個性の中途採用看護師に対しては、
やる気を引き出し、その能力を活用することが必要です。

 

そのためには、中途採用看護師本人の関心や考えそのものに
焦点を当てることが必要です。

 

育成する側、つまり看護管理者が望む姿を中途採用看護師に求め、
欠点を修正するというような、今までのやりかたは、
軌道修正していくことが必要です。

 

看護管理者や教育担当者は、
中途採用看護師が受け入れ側に何を期待しているのかを知ることが必要で、
そうすることによって中途採用看護師のモチベーションを
引き出していくようにすることが、
今現在、そしてこれから求められている人材育成のあり方です。

 

そのためには、中途採用看護師のわがままや理不尽な要求に対して、
どのようにかかわればよいのかと言う具体的な内容を知ることが必要です。

 

そして、それをひとつひとつの状況に応じて実践することは
欠かすことができません。

 

このような頭の切り替えを実践できなければ、
おそらく良い変化は、あなたの職場には起こらないことでしょう。

中途採用看護師の豊かな個性を引き出す際のポイント

(1)中途採用看護師に対して

 

・指導のポイントは欠点ではなく全体的バランスとすること。

 

・中途採用看護師のやる気を引き出す関わり方をすること。

 

(2) 受け入れ側の看護師に対して

 

・看護管理者の行動でスポンサーシップを定着させること。

 

・受け入れ側の看護師のやる気を引き出す関わり方をすること。

 

・望ましい具体的な行動を強化する場を意図して設定すること。