「期待を押し付けることのデメリットを知らせること」とは

中途採用看護師には、
一方的に期待を押し付けるという方法では指導ができません。

 

中途採用看護師でも、ブランクの長い人や
ほとんど経験がなく転職している人もいます。

 

そして、中途採用看護師の中には
「それは説明してもらっていない。」とか、
「一緒にやってもらえないとできない。」など、
やる気がなく感じられ、クセが強い人だと思われてしまうような人もいます。

 

中途採用看護師には、このようにさまざまな個性の人がいます。
そして、中途採用看護師の今までのいろいろな経験でありキャリアが、
個人の個性を多様にしています。

 

実際の現場において、
受け入れ側の看護師と中途採用看護師の間に
いろいろな問題を引き起こすのは、
この異なる経験からくる価値観の違いです。

 

中途採用看護師の教育に限らず、
今までの新卒看護師教育においても、
サポートの大切さや個性を尊重することの重要性は再三強調されています。

 

ですから、その大切さを頭ではわかっている人ばかりです。

 

しかし、実際の現場の環境では、
受け入れ側の労力はとてもたいへんなものがあり、
受け入れ側の看護師や指導に当たる看護管理者は、
「サポートが大切といっても、現実にはそのようなことは無理。」、
「そもそも自分で選んで転職をしたのだから苦労は当たり前。
やることはやってもらわないと困る。」、
「やる気のない人には何を言っても無駄。」、
「ごちゃごちゃ言わずに黙ってやってくれればいいのに。」
などという気持ちが出てきてしまいます。

 

ですが、このような否定的な気持ちが出てくるのは、
現場の忙しさや教育役割のプレッシャーなど、
さまざまな環境要因によるものであることを
看護管理者や教育担当者が十分に認識することが大切です。

 

ですから、まずは、受け入れ側の看護師や自分自身の思いを否定せず、
その気持ちを受け止めることからスタートしてみましょう。

 

「私たちがやってほしいことだけをやってもらいましょう。」
という姿勢ではうまくいかないことを、
ほかの看護師たちも実はよくわかっていると思います。

 

あるべき論で無理やりがんばる指導の仕方を、
緩やかにでも確実に変えていくことが大切です。

 

「これはこうやってください。」というやり方の指導自体は、
決して間違っているわけではありません。
就業初期には、やり方を確認し、
丁寧に進めるという指導方法も必要です。

 

ですが、厳しく結果をも射止める指導が有効になるのは、
お互いの信頼関係を構築してからにしましょう。

 

いつでもどこでも、理想的な結果を期待するのでなく、
状況に応じて柔軟に中途採用看護師に対する指導の方法を
変化させていくことが大切です。

 

厳しい指導をしても、今の時期には効果がないだろうから、
もう少し先になってから厳しいアプローチをしてみようというように、
冷静な判断を共有することができるようになれば、
受け入れ側の看護師たちが一方的に我慢しているような負担感を
前向きなエネルギーに変えることができます。