「環境変化による実践力の低下を考慮し対応すること」とは

中途採用看護師を採用した際、
その看護師には十分な臨床経験があり、能力も高いのに、
仕事に対する姿勢がいつまでも消極的で、
看護管理者や教育担当者、
受け入れ側の看護師が戸惑ってしまうということもあります。

 

自分から挑戦していく積極性がない中途採用看護師に対して、
やる気がなくなるという人もいることでしょう。

 

ですが、中途採用看護師に対する接し方では、
環境の変化による実践力の低下を十分に考慮して対応することが必要です。

 

実際の看護の現場ではうまく仕事を進めていくためには、
看護の知識や技術だけでなく、
その現場の暗黙のルールや決まりごとなどを適切に活用していくことが必要です。

 

中途採用看護師にとって、このような「暗黙のルールや決まりごと」を、
短期間につかむことはとても難しいことです。

 

ですから、どんな看護師も、新しい環境に不慣れな状況では、
自分の実力を十分に発揮することができません。

 

経営領域の研究報告では、
管理職のような複雑な調整が必要な仕事の場合には、
異なる環境で以前と同じレベルの成果を上げるようになるには、
一年半程度の時間が必要だとされています。

 

ほとんどの場合、受け入れ側の看護師は、
中途採用看護師の名前を覚え、
お互いにいろいろな会話が気楽にできるようになると、
「ずいぶん慣れてきた」と判断してしまいがちです。

 

ですが、実際の看護の現場では、
患者さんの状態のアセスメントだけでなく、
医師や同僚看護師、それぞれの関係性や環境要因など、
きわめて複雑な状況の理解と判断が必要です。

 

職場でのコミュニケーションと業務における現場適応は
同じではないことを理解しておくようにしましょう。

 

数週間たって、すっかり慣れているように見えたとしても、
実際には、さまざまな不安や焦りを抱えている中途採用看護師はとても多いです。

 

まず、受け入れ側が「慣れて当然」、「できるのが普通」という姿勢になっていないかを
謙虚に反省することが大切です。

 

また、組織の文化に関する情報については、
中途看護師の個性に合わせて、丁寧に情報を提供することが必要です。

 

たとえば、「誰に聞けばよいのか。」や、「どのような慣習があるのか。」
などの情報は、丁寧に情報提供していきましょう。

 

情報提供の際には、それに従うべきという姿勢ではなく、
施設や部署の特性を理解してもらうことにより、
中途採用看護師に少しでも楽に環境に適応し、
その個性を発揮できるようになってほしいと表現することも大切です。

 

不慣れなために、一時的に実践能力が下がったように見えても、
あなたにはすばらしい才能があるというような
上司からの肯定的なメッセージは、
困難な状況にある中途採用看護師を支える力になることでしょう。

 

プライドが高く「できないこと」によって自尊心が低下しやすい
中途採用看護師もいます。

 

また、他人からの励ましや慰めよりも、
自分で何とか乗り越えたいという向上心の強いタイプの中途採用看護師もいます。

 

このような中途採用看護師に対して、
看護管理者や教育担当者から、
これからの予備情報の提供や状況に対する深い洞察を示すことは、
特に有効なサポートになるはずです。