不安や焦りを持つ中途採用看護師を支える

中途採用看護師は、本人の知識や技術のレベルだけでなく、
どのようなキャリアを志向しているのかによって
目指すものが大きく異なっています。

 

専門性や成果への強いこだわりを持って、
キャリアアップのために新しい職場を選択した人もいます。

 

そのような人は、新しい環境の中で、
自己学習を積み重ねる行動を自然に行うはずです。

 

ですが、そのような行動も個性のひとつで、
すべての中途採用看護師がそのような行動をするとは限りません。

 

仕事よりもプライベートが大切だという人もいます。

 

この価値観の違いによって、
中途採用看護師の不安やあせりは多様です。

 

このように中途採用看護師には、さまざまな価値観がありますから、
その人の脂質を全面的に支援するスポンサーシップは、
「そこまでやる必要があるのか?」
と言う疑問を感じさせてしまうことも少なくありません。

 

ですが、「看護師として一人前になること」と、
目標をある程度一律に設定することができる新卒看護師と、
中途採用看護師が目指すゴールは決して同じではないはずです。

 

ですから、中途採用看護師の一人ひとりの能力を存分に引き出し、
活用していくためには、
相手の個性を十分に踏まえたうえで、
その人の資質を信じて支援するという姿勢が大切です。

 

そして、そのスポンサーシップは、
厳しい現場であっても、忍耐強く貫くことが必要です。

不安や焦りを持つ中途採用看護師を支える際のポイント

(1) 中途採用看護師に対して

 

・中途採用看護師の能力を現場で正確に見極めること。
・環境変化による実践力の低下を考慮し対応すること。

 

(2) 受け入れ側の看護師に対して

 

・期待を押し付けることのデメリットを知らせること。
・否定ではない客観的評価の大切さを分かち合うこと。
・ネガティブな態度のメンバーこそキーパーソンになること。
・どうサポートするかを共に考えること。