「看護管理者や教育担当者がどう行動すべきか自らの態度で示す。」とは

ビジョンをわかりやすいものにし、
受け入れ側の看護師全員と何度も話し合い、
具体的に、このようにしよう!と決めたにもかかわらず、
受け入れ側の看護師の中には、なかなか行動に移すことができない人もいます。

 

このような場合を含め、看護管理者や教育担当者は、
まず、自らの態度でどう行動すべきかを示すことが必要です。

 

概念としての理論や具体的なフレーズを情報として認識していたとしても、
状況や対象に応じたやり方で活用しなければ
期待した結果を得ることができません。

 

結果、無意味なものになってしまいます。

 

特に経験の浅い看護師にとって、
たとえば、「ポジティブフィードバック」という行動だけを考えても、
それを具体的に、どのように相手に対する態度として示すのか、
行動化することはとても難しいと思います。

 

このような場合には、看護管理者や教育担当者が
実際に行動として示すことが重要です。

 

受け入れ側の看護師に、
「私はこの部署で看護をしていて良かった。」、
「私はここに必要な存在だ。」、
「私でなければこの役割はできない」と実感してもらうように、
また、自己肯定できるように、
ポジティブフィードバックを実感してもらいましょう。

 

ヒトは、どのタイミングで声をかけてもらうとうれしいのか、
うれしくなってやる気がでるのか、
どのように声をかけると相手が助けを求めやすいのかなど
たくさんの経験から学んでいます。

 

ですから、まず、「私は、このように声をかけてもらったらとてもうれしかった、
だから、自分も今度やってみよう。」というところからはじめます。

 

その経験知を引き出し、
実際の指導の場合において、
「その問いかけはとても良いですね。」
と言うように、看護管理者や教育担当者が
しっかりフィードバックして行動を強化することが必要です。

 

臨床での教育においては、基礎教育のように「自分で考えなさい」、
「応用することが大切」と、
自分で考え、答えを探し出すことにとらわれる必要はないように思います。

 

「自分で考え、答えを探し出す」ことも大切ですが、
それに固執するよりも、「望ましい行動のモデルを見せて教える。」ことで、
行動に対するポジティブフィードバックを体験させることができます。

 

このような指導方法も、有効な指導のひとつではないでしょうか。