「ビジョンに基づく具体的行動に理解と協力を得る。」とは

中途採用看護師に対して、
具体的にどのような指導をすればよいのかについては、
看護管理者や教育担当者、
受け入れ側の看護師がお互いに指導内容を共有することが大切です。

 

指導の基本となる部分を共有する機会がなければ、
それぞれが指導・教育的だと考える行動にばらつきが出て、
場合によってはまったく正反対の対応をしてしまうこともあります。

 

そのような状態では、中途採用看護師の教育はできませんし、
受け入れる側の看護師も混乱します。

 

そこで、指導の基本となる部分を共有するために
ビジョンを明確にすることが必要です。

 

ここでいうビジョンとは、教育目的や教育目標が明示されることにより、
自分たちの施設はどのような看護師を育てたいのか、
どのような看護師を必要としているのかという
人材育成を目指す方法を明らかにしたものです。

 

施設の多くでは、看護部門の教育目的に
「安全な看護の提供」、「科学的根拠に基づいた看護を提供」
というようなものが掲げられていますが、
安全な看護の提供とは、実際にはどのような看護のことなのか、
具体的な中身が示されなければ、
現場での判断の基準や行動のよりどころを得ることができません。

 

現場での実践では、具体的なイメージがつくものが求められます。

 

たとえば、「ベッドサイドの安全を徹底する」、
「その状況は患者にとって安全か、
ベッドサイドを離れるときに最低3回、自分自身に問いかけよう」
と言うように、看護師がどのように働けばよいのかの具体的なものです。

 

ビジョンと共に、ビジョンと連想した具体的な行動の両方が
示されることが重要です。

 

中途採用看護師の教育に際しても同じで、
教育担当者や看護管理者から明確で具体的な行動が示されていれば、
指導の際にどのように関わるか迷ったときや困ったときに、
それを参考に次の対策を立てることが容易になります。

 

看護管理者や教育担当者の具体的な指示や命令が、
常にビジョンを反映していれば、
受け入れ側の看護師のあらゆる行動も当然ビジョンを反映するので
1つの方向に向かったものになるでしょう。

 

たとえ、忙しく余裕のない状況や、
看護管理者が不在の時間帯においても、
中途採用看護師への対応をビジョンに沿った方向に設定させる力ももちます。

 

このようにビジョンに沿った指導を行い、
指導される側もビジョンの方向に向かった行動ができるようになるためには、
複雑で実行が難しい実践を期待するのではなく、
具体的でシンプルな内容を繰り返すように指導することが有効です。

 

明確で実践しやすい具体的なことから
あきらめずに行動を継続することが結局は大きな力を発揮します。

 

そのために、看護管理者や教育担当者が受け入れ側の看護師の
適切な実践を見逃さず、
「あなたのその行動が良かったです。」、「さすがですね。」
と、受け入れ側の看護師たちの行動をポジティブフィードバッグで承認し、
強化するかかわりを欠かすことができません。