メールや手紙で迎え入れる気持ちを表現する

採用決定から入職までの間、
ベテラン中途採用看護師であっても、多少は緊張します。

 

また、臨床経験のある中途採用看護師であれば、
現場のイメージが付きやすいので、
少しでも必要な情報を得て、疾患のおさらいをするなど
事前準備をするという人もいます。

 

ですが、「未知の環境」、そして「1からはじめる人間関係」、
さらには「下手に経験していることが弊害にならないか。」など、
さまざまな不安があることは、新卒看護師と同じです。

 

そのような不安いっぱいの中途採用看護師に対して、
「受け入れ部署の人間関係はこうでああで・・・。」
と一つ一つ説明するよりも、
「あなたを待っています。」、
「あなたと一緒に私の病棟をもっと良いものにしたいと考えています。」と、
歓迎のメッセージを送ってみましょう。

 

ちょっとしたサプライズのメッセージは、
中途採用看護師の不安を軽減することにつながるでしょう。

 

中途採用看護師の存在を承認するメッセージを、
言葉で具体的に表現し伝えることは、
中途採用看護師の不安や緊張が安心感に変わります。

 

また、「待っていますね・」というメッセージとともに、
実際に部署で使用している学習資料や、
病棟看護師が活用している参考図書などを紹介すると良いでしょう。

 

疾患や特徴的な症状のリストを送るだけでも、
十分な事前情報を提供することができます。

 

「少しでも部署のイメージが伝えられたらと思い、
資料をお送りしました。」というメッセージも添えましょう。

 

長い文章を添える必要はありません。

 

一筆箋や、ポストイットなどに
直筆で書かれた短い言葉だからこそ、
中途採用看護師の心に響きます。