採用面接時に本人の思いや考えを把握する

中途採用看護師の超早期離職が増えています。

 

このような現状の中、採用面接時に、
中途採用希望者の話をきちんと把握しようと、
「これはできますか?」、「これはどうでしょう?」
と細かく質問し、「確認」している組織が多いと思います。

 

ですが、このように「確認」することは、
中途採用希望者のことをイメージしているのではなく、
多忙な病棟で、この人はどの程度働くことができるのかを
知るためだけの質問になっていることがあるので注意しなければなりません。

 

面接を受ける側としては、
施設側から期待されている能力や仕事の内容が、
どの程度のことをさしているのかがわからず、
実際に働いてみると、実践能力の程度に関するお互いの理解が
ずれていたということが多くあります。

 

さらに、採用面接時では、業務に必要な技術ができるか、
あるいはできないのかだけの話になってしまい、
中途採用希望者が、今、何に価値を置いて就職を希望しているのかを
聴く余裕も時間もないという実情があります。

 

施設側の事情によって、中途採用看護師を即戦力として雇用することは
やむを得ません。

 

ですが、中途採用看護師の定着は本人の意向を無視していたのでは
成立することがないということを意識しなければなりません。

中途採用看護師の定着促進と能力活用のために必要なこと

中途採用看護師の定着促進と能力活用のためには、
まず中途採用看護師の多様な特性を柔軟に捉えることが必要です。

 

そのためには、人r一人の看護師の看護実践能力の査定や
勤務条件の確認、施設側の要求の提示だけではなく、
個々のライフスタイルや将来設計も含めた仕事に対する
さまざまな考えを、問いかけ、引き出すことが大切です。

 

たとえば、「循環器看護をしっかり学ぶために就職したい。」という人や、
「家庭の事情で定時に帰らなければいけないので、
バリバリ働くのではなく、指示された仕事を
きちんと時間内にこなすことを大切にしている。」という人もいます。

 

このように、個々の仕事への価値観はさまざまなので、
それを丁寧に引き出し、尊重する態度を相手にわかるように示すことが、
中途採用希望者の信頼につながります。

採用面接の際の座り位置

採用面接時は、通常、机をはさんで対面で行われます。

 

ですが、この形式は面接される側にとっては脅威に感じるものです。

 

ただでさえ、緊張下におかれる中途採用希望者を、
さらに緊張させないように、
対面ではなく、机の角をはさんで90度にすわり、
緊張をほぐすように話しかけてみてはいかがでしょうか。

 

そのようにするだけで、中途採用希望者は、
今おかれている現状やこれからの働き方、
採用希望の理由などについて、口を開いてくれるかもしれません。

 

このように緊張をほぐす面接の仕方をすることで、
より多くの情報を引き出すことができ、
中途採用希望者の気持ちなども引き出すことができるようになるでしょう。

採用面接の情報の聞きだし方

「私の病院の状況はこのようなので、
皆さんの力を借りたいと思っています。
あなたは過去の経験から、ここでどのような力を発揮できると
お考えですか?」、
「あなたのこれからのキャリアを考えると、
このような側面を強化されるともっと強みが広がると思いますが、
この病棟で、このようなことをやってくださいませんか?」、
「私はこう考えていますが、あなたはどのように思われますか?」
など、目の前にいる中途採用希望者の力になりたい、
そして、私たちと一緒に働いてほしいという
メッセージを表現することを意識すると、
今までとは異なる情報を、採用希望者から聞き出すことができると思います。

 

このようにして得ることができた情報に基づき、
受け入れる施設側の期待と採用希望者の期待や要望を整理し、
異なる点と共通する点を明確にし、
可能な限り調整します。

 

そうすることによって、
お互いに最も適した働き方を探ることができ、
中途採用看護師の能力を開花させる土壌をつくることが可能になります。