中途採用看護師が入職後、気持ちよく働くことができるように準備する

中途採用看護師の入職が決定すると、
看護部長や採用担当師長は、
受け入れ部署の看護管理者や教育担当者に対し、
まず、中途採用看護師の経験や教育背景などの情報を提供し、
オリエンテーションの準備や勤務表の作成に
力を注ぐように指示するのが通常です。

 

ですが、中途採用看護師を迎え入れるためには、
施設側の準備だけでなく、
中途採用看護師が職場に入り、
活動を始めるための準備に対してサポートすることも
とても重要な業務になります。

 

 

中途採用看護師の期待と施設側の期待を調整

 

まず、中途採用看護師の入職に対する思いや期待と、
施設側の期待を調整することが必要です。

 

この調整を看護管理者や採用担当者が丁寧に行うことによって、
「こんなはずではなかった。」、
「こんなに大変だとは聞いていなかった。」
という中途採用看護師の入職後のギャップよる失望や落胆、
ストレスを防ぐことができます。

 

温かい言葉

 

看護管理者や、採用担当者は、
これから新しい未来を歩む中途採用看護師が、
少しでもポジティブなイメージを抱くことができるよう、
本人の思いを積極的に聴き、
それに対する温かいメッセージを送ります。

 

情報の提供

 

中途採用看護師が自分のペースで新しい環境への準備ができるよう、
必要な情報を提供することがとても大切です。

 

組織文化作り

 

中途採用看護師を、新しい仲間として受け入れる組織文化作りに
力を注ぎましょう。

 

入職前に、中途採用看護師教育について受け入れ側の看護師たちと
共通の理解が得られることによって指導の統一が図られ、
中途採用看護師だけでなく、
受け入れ側の不安も解消することができるでしょう。

 

 

このように、中途採用看護師の入職前に、
準備しておくことによって、
中途採用看護師の、新しい職場で働くことへの不安や緊張を和らげることができます。

 

自らのスキルアップや家庭の事情など、
中途採用看護師の転職の目的はさまざまです。

 

看護管理者の対応の仕方ひとつで、
中途採用看護師を前向きな気持ちに導くことができ、
職場へのイメージを、より良いイメージにつなげることができますので、
中途採用看護師が入職後、気持ちよく働くことができるような準備を進めましょう。