中途採用看護師の教育をデザインするポイント

タイミング

 

教育デザインは、採用が決まった段階からスタートします。

 

何かをやらせる、研修を受けさせるとかではなく、
お互いの信頼関係をつくることが、第一段階です。

 

そのために、意見を交わす場を複数回設定することが必要です。

 

また、教育に必要な期間は、
中途採用看護師と受け入れ部署の看護管理者、
または教育担当者の両者が検討し決定することが大切です。

 

意見を交わす場

 

落ち着いてお互いの率直な考えを交わせる場所は重要です。

 

話をする際、どのような場所がえらばれたかは、
自分がどのように扱われているのかを感じ取ることができます。

 

適当に、廊下の隅だったり、立ち話では、
中途採用看護師に自分が大切にされていないという思いを
抱かせてしまうことになってしまうでしょう。

 

意見を交わすのは誰か

 

施設規模に応じて、専任の教育担当者もいれば、
病棟看護師長が担当する場合もあります。

 

ですが、いずれの場合も、十分な申し送りがないままに、
担当者が次々と変わることは厳に避けるべきでしょう。

 

どのように決定するか

 

中途採用看護師本人に、受け入れ側の要望を話す前に、
まず、自分たちの施設に就職してくれることへの
感謝の気持ちを伝得ましょう。

 

中途採用看護師の考えや思いに関心を向けているという態度を、
相手にわかるように表現しましょう。

 

 

意見を交わす際の例

 

「私たちの施設に来ていただいてありがとうございます。

 

さて、面接で志望理由を聞かせていただきましたが、
今後は、この部署で働いていただくにあたって、
やってみたいことや身に着けたいことなどを聞かせてください。
何でもおっしゃってくださいね。」

 

 *この際、中途採用看護師の中には、
 「別にありません。」とか「早くなれることが一番だと思っています。」
 と言う人もいると思います。
  しかし、その際、「やりたいことはないのですか?」と
 詰問しないことが鉄則です。
  以前の病院を退職した理由、新たに転職した理由は人それぞれです。
  その施設に、看護師としての
 スキルアップを目指して転職してくる人もいれば、
 一から勉強しなおしたいという人もいます。
  また、ブランクがあるので、最新の医療・看護に慣れていないため、
 とにかくいろいろ「慣れたい!」と思っている人もいるでしょう。

 

「早く慣れたいと思って下さっているのですね。すごくうれしいです。

 

私たちもどのようにしたら、○○さんに大きな負担をかけず、
慣れてもらうことができるのかを見つけていきたいと思います。

 

一緒に考えてもらえませんか?」

 

 *このように相手の思いを受け止め、
 選択権を相手に与える前向きな会話をすることが大切です。
  このような姿勢そのものが、中途採用看護師を安心させ、
 施設や部署への信頼と学習への動機付けの第一歩となります。

 

教育デザイン=旅のしおり

 

教育デザインとは、旅のしおりのようなものです。

 

そのしおりを見れば、教育を受ける中途採用看護師も、
看護管理者も、教育担当者も、
なぜ、いつ、どこで、何をするのかが具体的にイメージすることができ、
行動に起こすことができるようになります。